8月 13th, 2014 | No Comments »

人は食べ物を口にする時、効率よく消化できるように食べ物を飲み込みやすい小さな形に咀嚼します。そのためには顎をしっかり動かして、消化を助けてくれる唾液の分泌を促進することが必要です。唾液には食べ物を熔解させたり消化を助ける以外にも様々な効用があります。その一つが口の中の食べかすを洗い流して虫歯や口臭を防ぐ浄化作用です。そしてもう一つは虫歯や歯周病菌、食品などに付着した細菌の繁殖を抑える抗菌作用の効果です。しかし、よく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうと浄化作用や抗菌作用が働くだけの唾液が分泌されないだけでなく、満腹中枢に刺激が行き渡る前に食べ終わってしまうため、満腹感を得ることができず過食にもつながります。早食いがよくないと言われるのは、そうした理由があるからです。また、よく噛んで食べることは、口臭の原因の一つ舌苔の予防にもなります。舌苔とは食べかすなどが舌の表面に白く付着したものです。噛むことを意識しながら食事することを心掛けることが大事です。

唾液の役割

 

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

私の母は入れ歯が原因で、若い頃に比べ口臭がとても強くなりました。タバコや飴玉を常用していることもあり色んな臭いが重なり私も父も思わず鼻を摘んでしまいたくなる程です。そんな入れ歯からの口臭ですが、最近はとても改善されるようになって来ました。母の場合奥歯のみの入れ歯なので、日中は入れ歯をせずに生活をしている状態です。必要なときだけ入れ歯を使用し、普段は使用しないという方法を取っています。これだけではなく日々しっかりと洗浄することを心掛けるようにし始めたところ、口臭がかなり緩和されて来ました。入れ歯からの口臭が強い人や、また胃や歯槽膿漏等が原因の方も様々居ると思います。家族が一番に気付いて指摘をしてあげないと、自分で自分の口臭には気付きにくいのが現状です。友人や知人も気になったとしても、あまり口に出せないので家族が一番に気付いてあげると早めの対策を探せると思います。また毎日の歯磨きもしっかりと行うことも大事なので自分は大丈夫だと過信し過ぎないようにして欲しいです。

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

人と話す時や口を開けて息をはいた時に出る臭い息の事を口臭といいますが、口臭は自ら気付く事はほとんどないです。
息が臭くなる原因は食べカス等が歯の間や口の隅にたまり、雑菌が発生しているからです。
口の中は湿気があり、温度も高いので細菌が発生しやすいです。
その他にも月経時や妊娠時に、ホルモンの作用で口臭が強くなります。
唾液には抗菌する成分が含まれているため、口臭対策として唾液を普段からよく出すと良いです。
唾液を出す方法はいくつかあり、以下の方法があります。
1つ目はアメ玉やガム等を口に入れて、口や舌を動かす事で唾液が出てきます。
2つ目は口は閉じたまま上顎に舌先を強く密着させたまま手前から奥、奥から手前と何度も舌先を大きく動かします。最初の数回はあまり出ませんが、動かしていく内に唾液が出てきます。
3つ目は梅干しやレモン等を含み、口の中で噛んだり転がすと唾液が出てきます。
唾液を出す以外にも、口臭対策や予防効果があるサプリメントを服用する方法もあります。

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

口臭が強くなってしまう原因は、色々と種類があるので、原因に合った対処法を行う必要があります。

まず、歯磨き不足で口腔内に食べカスが残っていると、細菌が食べカスを分解する時に強い臭いを発生させてしまいます。
この場合、歯磨きを丁寧に行う、また細菌を除去する為に、唾液の分泌を増やす事も重要です。

この他にもストレスや緊張を感じると、口の中が乾き口臭が強くなってしまうケースがある為、この場合は水など水分を補給しましょう。

また、生活習慣が原因ではなく、病気が隠れて口臭が強くなっているケースも少なくありません。

糖尿病や腎臓病、また胃や腸に病気がある場合、臭いがきつくなってしまうようです。
病気が原因の口臭の場合、歯磨きや様々なデンタルケアを行っても、臭いを改善する効果は低いのが特徴となっています。

何かしら対策を行っても、臭いが軽減されないという場合、病気が隠れている事も考え、医療機関で診察してもらう事が大切です。

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

口臭で原因となるものとして、食べ物や飲み物によるものがあります。前日に飲み会に参加して翌朝会社に出社して口が臭いといわれたら酒の影響が大部分です。そこで、トイレで何回もうがいをしたとしても臭いはなかなかとれることはないです。体からも酒のにおいがしてくるためです。この原因はアセトアルデヒドによります。アセトアルデヒドとはアルコールを分解することによって生み出される成分です。このアセトアルデヒドが血液の中に溶けて流れることによって、口臭だけでなく体臭もきつくなってしまうのです。また、アセトアルデヒドとは別に口臭がごみのようなにおいがするとなると、原因は揮発性硫黄化合物になります。いずれの原因にしても口臭は口の中の細菌によるものですので、それを取り除くことでにおいを抑えることができます。通販などでも口臭専用の医薬品を販売してますので、それで十分に防ぐことができます。原因が内臓系の場合は、専門の医師に診断してもらうことが必要です。

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

現代はお口の臭いを気にする方が増えており、口臭除去商品などの売れ行きが好調です。そんな口臭予防に最適と人気があるのが、「ラクトフェリン」です。ラクトフェリンというのは、母乳や哺乳動物の乳に含まれており、さまざまな機能をもったタンパク質のことです。
なぜ口臭に良いかというと、臭いを消す効果がある唾液分泌を増やすことができるからです。また、体内で強力な抗菌作用を発揮して、口臭の元となる歯周病菌や悪玉菌の活性を奪うこともできます。
このように口臭予防に効果的なラクトフェリンは、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品に多く含まれています。しかし、ラクトフェリンは熱に弱いという性質があります。そのため、市販のチーズや加熱処理を施した牛乳には、ほとんどラクトフェリンが含まれません。よって、ラクトフェリンが添加されている牛乳やヨーグルトを意識的に選ぶ必要があります。また、手軽に摂れるサプリメントも販売しているので、活用すると良いです。

Posted in 未分類
8月 13th, 2014 | No Comments »

口臭のもっとも重要な予防とは半年に一回の定期検診と歯石除去です。こちらを徹底することにより口臭予防も効果があると言えます。口腔由来の病的口臭の場合は、原因となる歯周病を治療すること、口腔乾燥症を治療することです。生理的こうしゅうは、治療必要性に従い治療をします。臭いの大部分は口の中にあります。多くは舌苔と歯周病です。全身疾患の兆候として呼気経由のものもあります。主要原因物質は90%が硫化水素とメチルメルカプタンが占めています。歯周病患者からは高い濃度のメチルメルカプタンが検出されます。日内変動があります。食事やうがいなど口腔活動より時間が経過するほどVSC濃度が高いようです。平均VSC濃度には有意な男女差は認められていません。年齢が高いほどVSC濃度は高い傾向があります。VSC産生に寄与する他の要因の影響を排除すると年齢は有意でなくなります。舌苔の方が歯周病より臭いの強さは強くなっています。それぞれのこのような情報を把握することにより最適な治療が実現するのです。
http://www.greenhouse-e.com/landing/0000006057_07/

Posted in 未分類
3月 16th, 2014 | No Comments »

私たちは様々な体質があります。
個人によってその体質はまちまちです。
この体質は先天性のものもあれば、後天性のものもあります。
生まれつきでなくても生活しているうちにつくられる場合があるのです。
この中にはいくら食べても太らないような体質の人もいれば、逆に太りやすい体質の人もいます。
このような体質とは少々異なるのが臭いに関するものです。
この臭いの体質の中で多いのはわきがです。
わきがとは人間のわきの下から独特の嫌な臭いを発するものです。
これは体質が大きく関係しており、清潔に保つことが基本ですが、それでも臭いを発してしまう場合があるのです。
わきがは周囲の人がその臭いに対して不快感をあらわすことがあります。
症状があまりにもひどい場合は制汗剤や香水などでは効果はなく、病院で医師の診察を受けることが必要です。
この時、外科の手術をする場合もあります。
わきの部分にあるアポクリン腺という汗腺を切除するのです。
このアポクリン腺が主な原因となって脂や垢と混ざり合って臭いが出るからです。評判のわきが対策を知る事も大切ですね!

Posted in 未分類